水溶性食物繊維の過剰摂取による逆効果と便秘の関係

投稿日:

水溶性食物繊維の過剰摂取すると逆に便秘に
なってしまうのでしょうか。

食物繊維と便秘、健康の関係について。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維はその名称の通り水に溶ける性質があり、
溶けるとドロドロとした粘性の強い状態になります。

余分な脂質やコレステロールを吸収して体の外へ排泄し、
腸の粘膜を守り、腸内の善玉菌を増やすなど
体によい働きをしてくれるのです。

便秘解消やダイエットにつながる。

わかめ、ひじき、昆布、もずく、寒天などの海藻類、
キウイ、バナナ、りんごといった果物、また、
アボカドやおくらなどの野菜に多く含まれています。
意外なところでは納豆や、きな粉にもある。

整腸作用も期待できるので便秘の際には積極的にメニュー、
献立に取り入れると良いでしょう。

しかし、間違えた摂取の仕方をすると、逆効果になってしまう
ことがあるので注意が必要です。

不溶性食物繊維

食物繊維には2種類あり、もうひとつは不溶性食物繊維。
その名の通り不溶性、水に溶けない食物繊維。

胃や腸で水分を吸収し膨らむことで便の量をふやし、
腸の蠕動運動をもよおします。
さらに体内の有害物質の排除する働きがあります。

イモや豆、キノコなどの野菜に多く含まれている。

水溶性食物繊維の過剰摂取

食事の際はこの不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を
バランスよく摂取することが大切。

理想的な割合としては、水溶性食物繊維が1に対し、
不溶性食物繊維が2であるといわれています。

食物繊維を食べればよいというものではなく、
水溶性食物繊維の過剰摂取で、逆に便秘や下痢に
なってしまう危険性すらあります。

不溶性食物繊維が不足すれば、便のかさが増さないので、
一定の形の便が形成されず、蠕動運動も起きず、
便意に及ばない可能性すらある。

食物繊維を取るなら不溶性食物繊維を多めに取ること。
もちろん水溶性食物繊維も必要です。

何より食物繊維さえ食べていれば便秘解消、健康維持
であると過剰な期待を持たないことです。

Copyright© 腸活研究会 , 2019 All Rights Reserved.